歯科治療や歯についての用語を、50音順にできる限りわかりやすく説明しています。ここで探せなかった用語がありましたら、是非いい歯医者ドットコム事務局にお問い合わせくださいね!
○ 歯ぎしり
歯ぎしりをすると歯の噛み合わせが変わり、腰痛、頭痛や肩凝りなどの不定愁訴が起こり、ひどい場合は歯のエナメル質が磨り減り、冷たいものがしみるようになったり、顎関節症になります。
○ 80(ハチマル)20(ニィマル)運動
「80歳で20本歯を残す」運動。現状は80歳以上でわずか4本、若いときから自己管理が大切です。
○ 抜歯後感染
歯を抜く事によって生じた傷を抜歯創といい、その抜歯創に生じた感染を抜歯後感染と呼びます。抜歯後2〜4日で抜歯創に急性の炎症が現れます。放置すると重篤な症状を表す場合もあります。
○ 斑状歯
歯の形態異常。歯に白斑や形成不全が認められるものを言います。
水に含まれるフッ素、鉄分が原因でなることもあるが、日本国内で問題となる事は稀です。ムシ歯の初期にも現れます。
○ PMTC
歯の表面を掃除すること。
○ ひだ舌(溝状舌)
先天的にある奇形で、深い溝が舌の表面に多数ある症状を言います。特に痛みや味覚などの異常はありません
○ 肥満
ムシ歯だらけだとよく噛まずに飲みこむので、満腹感になる前に食べ過ぎて肥満につながります。
○ 不正咬合
上下の歯列の不整合や、歯の大きさ、歯の位置などの正常に咀嚼できない状態の歯並びの異常をいいます。
○ フッ素
エナメル質のハイドロキシアパタイトと結合して、虫歯に強い構造を作ります。また、抗菌作用もあるので口の中を虫歯になりにくい状態にします。
○ プラーク(歯垢、歯苔)
歯の沈着物。ペリクルの上に形成されます。約70%が細菌でできています。
細菌の温床となることから、ムシ歯や歯周病の主な原因になり、口臭や外観不良の原因にもなります。
○ ブリッジ
抜いた歯の前後の歯(一番奥歯を抜いたときは前の歯)を削って土台を作り、固定式の歯のユニットを装着します。
○ ペリクル(獲得被膜)
歯の沈着物。歯がだ液に覆われると歯の表面に形成される、だ液由来の糖たんぱく質の被膜です。
歯に対する害はなく、歯の保護膜として働きます。
○ 辺縁性歯周炎(歯槽膿漏)
エナメル質のハイドロキシアパタイトと結合して、虫歯に強い構造を作ります。また、抗菌作用もあるので口の中を虫歯になりにくい状態にします。
○ 歩行困難
歯の噛み合わせが悪くなると、血行が悪くなり腕や脚も冷え、シビレの原因ともなります。
bar3
いい歯医者さんホットボイス
医療法人社団 安福歯科医院
医療法人社団 安福歯科医院
安福 正美先生
Q:先生が日頃心掛けていることは何ですか?
ホットボイス詳細へ
 
大阪歯周インプラントセンター 阪本歯科
大阪歯周インプラントセンター 阪本歯科
阪本 貴司先生
Q:先生が日頃心掛けていることは何ですか?
ホットボイス詳細へ
 
スガエ歯科医院
スガエ歯科医院
菅江 一男先生
Q:先生が日頃心掛けていることは何ですか?
ホットボイス詳細へ
 
医療法人和梢会・本間歯科医院 国分寺診療所
医療法人和梢会・本間歯科医院 国分寺診療所
本間 和人先生
Q:先生が日頃心掛けていることは何ですか?
ホットボイス詳細へ
 
大阪・梅田・茶屋町 ヒシカワ歯科
大阪・梅田・茶屋町 ヒシカワ歯科
菱川 大造先生
Q:先生が日頃心掛けていることは何ですか?
ホットボイス詳細へ
 
bar4
歯科医院掲載募集
bar6

ロゴ